葬儀後もやることはいっぱい。法事について

千葉で無事に葬儀を終えたとしても、やることはまだまだたくさんあります。

少なくとも葬儀が終わってからは「法事」などの行事があるため、1年は落ち着かない日々を送るかもしれません。

具体的にどのような行事があるのでしょう?

【法事の種類】

亡くなってから7日めに初めての法要を行います。

これを「初七日」と呼びます。

最近は多忙なご遺族も多いため、火葬の後に初七日まで終えてしまうこともあります。

本来は四十九日までの7日間、毎回法要を行う必要がありますが、最近はほとんど行われていません。

▼記事ピックアップ⇒葬儀、法事 少人数で簡素に コロナ影響で「密」を避ける:東京新聞 TOKYO Web

【四十九日とは】

「四十九日」という言葉は誰もが聞いたことがあると思います。

故人がお亡くなりになってから、7日ごとに閻魔大王の裁きを受け極楽浄土に行けるかどうかの判定が下る日が四十九日目だと言われているそうです。

その日に法事として無事に故人を極楽に送り届けられるよう祈ります。

四十九日法要はご遺族だけでなく親族や関係者なども招き、読経と焼香を行います。

その後、菩提寺に位牌を納め納骨まで行ってしまうのが最近の流れです。

また、法要後には精進落としという食事会が設けられます。

【年忌法要】

亡くなってから1年後に行われるのが「一周忌」です。

四十九日と同様、大々的に行われるのが常です。

その後、三回忌・七回忌・十三回忌・十七回忌と少しずつ間隔を空けて法要が行われます。

二十三回忌・二十七回忌は最近では省略されることが多く、三十三回忌をもって「弔い上げ」となります。

最後の法要は四十九日と同じようように行われます。