今後のために千葉の葬儀の基本的な流れを知っておこう

もし千葉で葬儀を行うなら、一連の流れについて知っておいて損はありません。

今後のためにざっくりとした流れをご紹介します。

※葬儀マナーについてはこちらをご参考ください:通夜~告別式の参列マナー|ゼクシィ

【千葉での葬儀の流れ】

病院でご家族がお亡くなりになった場合、いち早くご遺体の搬送を行わねばなりません。

搬送は許可された車両でないとできないため、必然的に葬儀社となります。

なので、まずは葬儀社に連絡を取り、お通夜とご遺体の搬送場所について打ち合わせをしましょう。

その後、葬儀について細かい打ち合わせを行います。

注意点ですが、葬儀社は千葉にたくさんあります。

病院に出入りしている葬儀社は高額な傾向にあることとサービス面の不安があるため避けた方が無難です。

葬儀社が決まったら親族や関係者にお通夜と葬儀の日程について連絡をしましょう。

前火葬である場合はその際に伝えれば問題ありません。

喪主やお通夜・葬儀の受付などの役割分担についても決めましょう。

お通夜が終わったら簡単な食事会である「通夜振る舞い」を行い、地域によっては「夜伽見舞い」というご遺体を一晩中見守る風習があります。

お通夜の翌日に葬儀と火葬を行いますが、前火葬の場合は順番が逆になります。

葬儀の始まる1時間ほど前から受付を開始し、僧侶が到着したら葬儀開始となります。

弔辞・弔電を読んだ後、僧侶の読経の間に参列者は焼香を行います。

喪主の挨拶の後ご遺体を霊柩車に乗せ、火葬場まで搬送します。

火葬場で僧侶が読経し、最後のお別れを済ませた後1~2時間かけて火葬が行われます。

火葬が終わったらご遺体を骨壺に入れる骨上げを行い終了となります。