千葉は関東でも葬儀に対してこだわりのある県。その理由

日本全国どこでも行われている葬儀。

その中でも特に千葉は葬儀にこだわった風習が多い地域として有名です。

千葉は関東地方の東側に位置し、東京の隣であることからベッドタウンとしての側面があります。

東京をはじめとした関東地方の葬儀は、ごく小さな地域での風習はあるかと思いますが、全国で行われている葬儀とほぼ変わりなく一般的と言っても過言ではありません。

なぜ、千葉の葬儀はそこまで風習が多いのでしょうか。

【千葉という地域の特徴】

千葉県の特徴といえば、やはりさまざまな地域に分かれていることでしょう。

千葉といえば幕張や東京ディズニーランドといった都市部をイメージする人が多いかも知れません。

ですが、千葉県の中では栄えている地域はほんの一部にすぎません。

都会なイメージのある千葉市でも内陸に近い若葉区や緑区は自然豊かな住宅街です。

そして、千葉は県のほとんどを海に囲まれた漁村地域であるということも大きな特徴でしょう。

また、内陸部はのどかな田園地帯となっており、農業だけでなく畜産も盛んに行われています。

意外にも「田舎」の地域が多い千葉は、やはり他県と比べて近隣住民の結びつきが強かったり、昔からの文化や伝統を守っているところが多いです。

当然葬儀も風習を守って行われており、そういったところが他地域と比べて変わっている所以なのです。

とはいえ、都市部をはじめとした大多数の葬儀は一般的な形式をとっているのでそこは身構えなくても大丈夫ですよ。

◆おすすめ関連記事:http://loopcafe.net/